膣の緩みが手術で改善

女性

妊娠や出産が原因で膣がゆるくなってしまった人は、膣縮小手術を受けると適切です。膣縮小手術では、主に断裂してしまった筋肉を修復する手術やを行ないます。そのため、出産で損傷を受けゆるんでしまった膣内の筋肉を元に戻すことが可能です。それどころか、出産前よりも高い引き締め効果を得る人も多く、夜の夫婦生活が円満になったという嬉しい声も多く寄せられています。また、膣縮小トレーニングという方法で膣の緩みを改善した人も多くいます。骨盤底筋などの骨盤周辺にある筋肉を引き締めるトレーニングで、手軽に膣縮小効果が得られます。手術は怖いが、膣の緩みが気になるという人や、手術するほどでもないという軽度の緩みに悩まされている人に適切です。性交中のオーガニズムや性的満足感が上昇するため、女性として自信を取り戻すことができます。

膣縮小手術ではメスを使用する方法と、一切メスを使用しない方法があります。メスを使用しない方法では主にヒアルロン酸を使用します。膣にヒアルロン酸を注射するだけで、手軽に膣縮小効果が得られ、引き締め効果が飛躍するのです。また、ヒアルロン酸による膣縮小手術なら出血などの心配もないため、ダウンタイムが短いという特徴があります。痛みや腫れ、出血を伴うダウンタイムが短いことで、すぐに性行為ができ、旦那さんや彼氏に手術が知られる心配がありません。パートナーに気づかれることなく膣縮小手術をしたい人に適切です。しかし、重度の場合はメスなどの膣縮小手術が適しています。そのような場合は手術後出血や痛み、腫れなどの症状が現れるため、ダウンタイムの過ごし方に注意が必要です。