もう臭いに悩まない

女性

デリケートゾーンの臭いが気になるからといって、指を膣内に入れて洗うのは危険です。膣が傷ついてしまい、返って炎症を引き起こし、より強い臭いが発生してしまいます。デリケートゾーンの臭いは、性行為にもっとも心配される症状なので女性にとっては悩みの種だといえます。また、生理中や生理後は特に強い臭いを発するため、気になってしまい自分に自信を持てずにいる女性も多くいます。デリケートゾーンの臭いを改善したい人は、今一度洗浄方法を見直しましょう。デリケートゾーンはその名の通り、非常にデリケートな部分です。そのため、体を洗うタオルやアカスリでゴシゴシと擦ってしまうとデリケートゾーンが傷ついてしまいます。洗顔時と同じように手のひらや指に載せた、たっぷりの泡で優しく洗浄することが大切です。

また、デリケートゾーンは自動洗浄作用をもっていますが、通常の石鹸で洗ってしまうと返ってこの機能を低下させてしまいます。自動洗浄作用を高めるためにも、膣内に指を入れて洗う行為は控えましょう。生理終わりや生理後、膣内に残された経血を取る目的でビデなどを使用する程度なら許容範囲ですが、毎日のように行なうのは危険です。しかし、臭いや洗浄力が気になるという人は、デリケートゾーン専用の石鹸を使用しましょう。デリケートゾーン専用の石鹸なら、低刺激で洗浄力が高いものが多いので、膣内の自動洗浄作用を守りながら、恥垢や汚れを効率よく落とすことができます。また、デリケートゾーン専用石鹸なら、泡パックを行なうこともできるので、より恥垢や汚れが落とせます。入浴の際は、鏡を使用して自分のデリケートゾーンをじっくり見ることも臭い対策では大切だといえます。